マンション管理会社はどのくらいの費用になるのか

どこの誰が決まるのかとどこにするのか

マンション管理というのは当然だからマンションに住んでいる人たちが自主的に選出して決めていくことになります。管理をしてくれる業者を決めるということになります。これは分譲マンションの話であって賃貸の場合においては別に住んでいる人たちが決める権利があるわけではありませんので、オーナーがその業者を決めることになります。オーナーが決めることができるようになっている、というよりは決めないことには誰も決められないということでもあります。マンション管理会社というのは世の中にたくさんありますから、色々なところを比較して決める必要性があります。そして、多くの場合、それは管理の質という部分でもありますが、どうしても費用という部分になることでしょう。

どのくらいのコストがかかってしまうのか

マンション管理会社ですが、どこの業者にお願いするのか、ということによってコストはかなり変わって来ることになります。但し、それなりに相場があるというのも確かです。そもそもどんなことにお金がかかるのか、といえば5つの項目があります。それが事務管理業務費とか建物や設備に関する業務日、管理員関係のコスト、清掃の費用、管理報酬ということになります。これらがどのくらいのコストになるのか、といえば建物の規模によって大きく変わることになります。平均でいえばざっと約1万5000円といわれています。あくまで平均で、ということになりますがそれでも重要な指標となることでしょう。

マンションはどうしても管理が必要になる

マンションはとにかく維持することにコストがかかることになります。しかし、マンションを維持することのコストにおいて一番削れる部分とも言われているわけです。この場合、サービスを落とすことがそのまま費用を抑えることに繋がるというわけではありませんから、業者を見直すというだけでも意外とコストカットに繋げることができるようになったりします。マンション管理会社自体はたくさんありますから、比較するために見積もりを出してもらって乗り換えることも考えてみるとよいでしょう。但し、そんなに頻繁に変えるようなことではなかったりもします。そのマンション独特の注意ポイントとかあったりするわけですから、長くその会社を利用する、ということでのメリットもあったりします。駄目とはいいませんが管理会社を変更するのはくれぐれも慎重になることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です