マンションの周りを管理することが仕事

マンションを所有しているオーナーは、自分で完全にマンションの管理しきれるわけではありません。一戸建て住宅を貸す場合と異なり、住人が多いため管理しきれないわけです。このような場合にはマンション管理会社に管理を依頼するのが良いかもしれません。管理を依頼する場合といっても、どのようなところを管理してくれるのかは実際に話を聞いてみないとわかりません。一般的には、建物の管理などを行います。例えば、大きなマンションの場合には受付の人はいますが、これを管理会社の方で用意してくれます。マンションの種類によっては、午前8時ぐらいから夕方の5時ぐらいまで管理してくれるところもありますが、大きなところになると24時間対応で管理をしてくれるでしょう。つまり、どの時間に行っても管理人がそこにいるわけです。このように、24時間体制にすることで費用はかかるものの様々なメリットがあります。代表的なメリットの1つは、防犯になることです。マンションといっても、泥棒などが入ることも少なくありません。ところが管理人が1人存在するだけで、これを防ぐことが可能です。結果的に、中にも安心して住むことができるでしょう。そして、そのようなマンションならば自分も引っ越したいと考える人が出てきます。結果的に空室が少なくなるでしょう。

掃除なども積極的に行ってくれる

マンション管理会社の方では管理人を派遣するため、単にマンションの中の様子を見てもらうだけでなく、掃除などを積極的に行っていきますマンションの住民全てが清潔に使ってくれるわけではありません。また、ポストなどにもいやどっちことがあります。あふれた状態になる、マンションの雰囲気が悪くなってしまい価値が落ちるでしょう。これを防ぐためには、管理人が定期的に掃除をすることが必要です。また考えることで、チラシの配布等を防ぐことも可能です。

お金関係の管理をしてくれることもある

マンション管理会社は、お金関係を管理してくれるケースもあります。例えば賃貸マンションの場合には、毎月家賃が発生するわけですがこの家賃を取り立てることも1つの仕事になります。とは言え、家賃を滞納する人は実はそれほどいません。1割未満の人が滞納する程度でほとんどの人は期限通りに支払ってくれます。そのため、仕事が多くなるわけではありませんがやはり1割弱の人は定期的に支払ってくれないわけです。その場合には、積極的に管理会社の会議をして、お金の管理などを行うことがあります。ただそのためには、オーナーの許可を必要とするでしょう。どのような契約になっているかのように変わりますが、実際にお金関係に積極的に関与する業者もあります。

当社の「なんでも管理部」は、お客さまの口コミを中心に、マンション管理以外の管理にも取組んでおります。 複合再開発など周辺のマーケット評価や物件の商品化、管理に関連する商品提案を実施致します。 共有部分のみならず専有部分でのサービス向上の取り組みとして、個別のニーズに応じた商品をとりまとめる事によって特別料金でご提供しています。 マンション管理会社のことならライフポート西洋へご相談ください